健康を意識する|いつまでも元気な肉体を手に入れる

Health

大量の水素

多くの水素分子を頑丈な容器で閉じ込めています

水素水は、大量の水素分子を水に溶け込ませることで作られています。どのくらいの量の水素分子が含まれているかというと、だいたい2ppm以上となっています。本来水には、1.6ppmほどまでしか水素分子が溶け込みません。しかし水素水は、圧力をかけることで限界値を超える量の水素分子を水の中に溶け込ませているのです。 また水素水は、アルミパウチやアルミ缶など頑丈な容器に入った状態で販売されています。分子サイズが小さく、抜け出ていきやすい水素分子を、しっかりと閉じ込めておくためです。 このように、水素水は多くの手間隙をかけて作られているのです。それが価格にも反映されているため、ミネラルウォーターやお茶などの他の飲料水と比べると、やや高めになっています。平均的な価格は、コップ1杯分で100〜200円くらいです。

アルカリイオン水から水素水へ

1965年に厚生労働省は、アルカリイオン水を飲むことで整腸作用を得ることができると発表しました。そのため毎日の水分補給をアルカリイオン水でおこなうことが、ブームになりました。 アルカリイオン水には、水素分子が含まれています。水素分子には抗酸化作用があるため、そのため飲むことで健康面での良い効果を得ることができるのです。 しかしアルカリイオン水の水素分子は、もとの水を電気分解した際に発生するものなので、それほど多くはありません。そのため、水素分子を外部からどんどん追加して作られたのが、水素水です。アルカリイオン水よりも多くの水素分子が溶け込んでいて、なおかつ電気分解によってアルカリ性になっていない分、通常の水と同じように飲みやすい点が特徴です。そのため現在では水素水がブームとなり、多くの人に飲まれるようになっています。