ブランドバッグの査定

紙幣と虫眼鏡

流行に関係なく人気

数あるブランド品のバッグの中でも、定番中の定番と言えるのがルイ・ヴィトンで、買取店に持ち込まれる数も非常に多くなっています。ヴィトンのバッグは年代にかかわらず安定した人気があり、買取店でも高額査定されることが多いという特徴があります。とはいえ同じヴィトンでも、モデルや状態によって買取価格は大きく変わる可能性があります。ヴィトンといえば、誰もが最初に想像するのはモノグラムの柄ではないでしょうか。モノグラムは流行に関係なく売れている商品なので、買取価格も比較的安定しています。同じようにダミエも人気のある柄で、高額査定を受けられる可能性があります。その他の柄は流行していれば高額で査定され、そうでなければ査定額は低くなります。リセールバリューを考えると、実用的で手堅いバッグのほうが有利と言えます。デザインや流行のほかに、もちろん商品の状態も重要です。まったく使用していない新品で、作られた年代も新しければ、定価の7〜8割で買取可能な場合があります。逆に傷や汚れが多くなるほど、価値は下がっていくので、目立つ汚れは拭き取っておきましょう。袋や付属品があれば、すべて揃えておくのも高額買取のポイントです。またデザインが同じに見えても、ヴィトンのバッグはマイナーチェンジを繰り返しているので、プロが見れば作られた年代ははっきりと区別できます。高額で買取を希望するなら、流行遅れになる前に売ることが大切です。