健康を意識する|いつまでも元気な肉体を手に入れる

Health

トピックス

大量の水素

水素水は、通常の水よりも高価なモノになります。その理由としてあるのが水素水を作る過程が関係しています。水素水を作るためには圧力を利用することもあり、更に入れ物もこだわる必要があります。

▷ M O R E

サプリの種類

現在では多くのサプリメントが開発されています。そのサプリメント1つ1つに得られる効果は違います。そのため、サプリメントを利用する時には得られる効果を把握する必要があります。

▷ M O R E

腸内の細菌

今や腸内細菌は注目の的

腸内細菌叢、あるいは腸内フローラ、という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。 外国語ではマイクロバイオームと言うそうです。 簡単に言えば腸内における細菌の集まりのことです。 今、注目の研究テーマです。 例えば最近の報道によると、日本の研究者が腸炎と腸内細菌の関係を突き止めました。 腸内細菌が激減すると自己免疫疾患を起こし腸炎が起こるというのです。 特定の腸内細菌を薬として用い、腸炎を治療する研究が今行われていると言います。 アレルギーと腸内細菌との関係もさかんに指摘されていますし、今後人体にとって有用な腸内細菌や腸内環境の研究はますます進んでいくと思います。 腸内細菌の遺伝子解析も始まっていると言います。 腸内環境を整えることによってさまざまな病気を治療する、そんな夢のような話も絵空事ではなくなる時代もくるのかもしれません。

抗菌薬とぜんそくの関係

その腸内環境を整えるというフレーズ、最近は本当によく聞きますよね。 腸内環境を整えることによる便秘解消はもはや常識の感がありますし、最近は例えば免疫力強化をうたう乳製品なども豊富にお店に並んでいます。 人体に生息する細菌を初めに観察したのはオランダのアントニ・ファン・レーウェンフックだと言われていますが、1683年、彼は自分の歯垢を顕微鏡で観察し、そこに微生物を発見したのです。 そこから年月を経て今ようやく、上記のような人体とそこに棲む細菌との複雑な関係が解明され始めてきました。 腸内細菌は人体の健康に大変な影響をもたらしていたのです。 前述のもの以外にも、子供のころの抗菌薬の使用がぜんそくを引き起こす率を高めると指摘する研究もありますし、人為的な腸内環境の変化が別の病気を発症させる可能性も今研究されています。 腸内環境を整える、このフレーズは今やとても大きな意味を秘めているのです。

イチオシ記事

多様な手法を導入

腸内環境を改善するためにできるのが、乳酸菌を増やす方法です。そこにはサプリメントや食品から実現できる多様な手法があるため、導入していけば腸内環境の改善を進行していけます。

▷ M O R E

目の疲れ

現在の仕事はパソコンを触ることが多いと考えられています。そのため、パソコンを利用して目の疲労を溜めてしまう人もいます。その疲労を回復させるためにもサプリメントの力を利用しましょう。

▷ M O R E

老化を防ぐ

活性酸素が身体にたくさんある場合は老化を促進させてしまう可能性があります。そのため、活性酸素を取り除く方法を把握することが大事です。例えば、サプリメントを摂取する手段があります。

▷ M O R E